農業次世代人材投資事業(就農準備資金)(旧 準備型、旧 青年就農給付金準備型事業)
就職氷河期世代の新規就農促進事業について

農業を始めようと考えて研修を受ける方に、資金を交付して研修に専念できるように支援する制度です。

HOME   >   農林漁業支援活動   >   新規就農支援   >   農業次世代人材投資事業・就職氷河期世代の新規就農促進事業

1. 制度の概要

  • 県が認めている研修機関等で研修を受ける方に、1人あたり年間150万円を最長2年間直接交付します。(国内で2年間研修した後に、海外研修を1年間行う場合には3年間交付されます。)
  • 交付を受けるには、研修計画など必要な書類を提出いただき、公益財団法人えひめ農林漁業振興機構の承認を受ける必要があります。
  • 承認を得るためには、就農予定時の年齢や前年の世帯全体の所得要件等を満たし、次世代を担う農業者となることについて強い意欲を有していることが必要です。詳細は事業実施要領をご確認ください。
  • 承認後について、適切に研修が実施されていない場合、就農できなかった場合など、交付した資金を全額返還していただく場合があります。

2. 申請の受付期間(申請書類の提出先での受付期間)

令和4年8月15日(月)から令和4年9月2日(金)午後5時まで(必着)

4. 申請書類の提出先

(1)農業大学校など教育機関で研修する場合

申請書類は、研修を受ける教育機関に提出してください。

(2)市町公社またはJA新規就農研修センターで研修する場合

申請書類は、研修地を管轄する愛媛県庁の地方局農業振興課、支局地域農業育成室に提出してください。

5. 研修計画の認定ついて(面接の実施)

面接日時:9月21日(水)
面接場所:えひめ共済会館(松山市三番町5-13-1)
※詳細は、申請書の受理後、お知らせします。

6. お問い合わせ先

公益財団法人えひめ農林漁業振興機構
愛媛県松山市三番町四丁目4-1(愛媛県林業会館内)
TEL:089-945-1542